栗東センター システム担当(2018年入社)

重稲 弘朗

  • あなたの仕事のどんなところにやりがいを感じますか?

    システムエンジニアとは、朝から晩までパソコンに向き合って仕様書通の仕組みを作ることだと思っていました。しかし、当社では「システムを使う側の考え方を理解し、仕組みをつくれるか」でした。
    自分で仕様書を作る難しさを体感しました。使う側の意見・要望とシステム面で出来る事を現場とすり合わせをする難しさに毎日、毎日苦悩の連続ではあります。この苦悩が結果的に誰かを笑顔にするきっかけになるということを確信しています。
    いろんな人と話をして取り留めない話ができる間柄を作ることもシステムの仕事だと感じました。
    何気ない話の中に新しい発見・発想が隠れていて、そのきっかけを多く作ることがよりよいシステム開発に繋がるということに気付きました。
    システムを実際に運用するのは現場の方ということを忘れず、いかにして現場の声、お客様の声に応える考え実行するか。挑戦を行う中には壁が多く存在しますが、これを乗り越えることが私の使命です。